アルブチン配合の化粧品について

  • Home
  • アルブチン配合の化粧品について

アルブチン配合の化粧品ランキング


アンプルール
ラグジュアリーホワイト


富士フイルム
アスタリフトホワイト


ディセンシア
サエル


1,890円
送料無料
1,080円
送料無料
1,480円
送料無料
【内容量】
スポット集中美容液、化粧水、薬用美容液、美容乳液ゲル
【内容量】
美容液、化粧水、クリーム、UVケア&ベース×5回分
【内容量】
ローション、 クリーム、 デイミルク
【美白成分】
新安定型ハイドロキノン、α-アルブチン、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス
【美白成分】
アルブチン、アルブチン、アスタキサンチン など
【美白成分】
アルブチン プラセンタ ムラサキシキブエキス コウキエキス

肌への刺激が少ない美白成分「アルブチン」


Q.アルブチンって何?

A.
アルブチンとは、ウワウルシやサンタベリー、梨、コケモモなどの植物に含まれている美白成分です。アルブチンは、「肌の漂白剤」でも知られている「ハイドロキノン」と同じ美白効果があります。 ハイドロキノンとブドウ糖を結合したものが、アルブチンです。更に結合方法の違いにより、梨やサンタベリー、コケモモに含まれている「α-アルブチン」、ウワウルシに含まれている「β-アルブチン」の2種類に分けられます。 ハイドロキノンは、シミの元であるメラニン色素を取り除く働きに優れていますが、アルブチンはメラニン色素の生成を抑制する働きに優れています。 美白効果が高いハイドロキノンは、その分肌への刺激も強いのですが、アルブチンは肌への刺激も弱いので、より安全性の高い美白成分です。


Q.「α-アルブチン」と「β-アルブチン」の違いとは?

A.
「α-アルブチン」は、梨やサンタベリー、コケモモなどの植物に含まれています。「β-アルブチン」と比べると、約10倍も美白効果が高いという研究結果があるので、多くの化粧品では「α-アルブチン」が使用されています。 「β-アルブチン」に比べると定着率が高く肌への刺激も少ないので、敏感肌の人でも安心して使用することができる成分です。 一方、ウワウルシに含まれている「β-アルブチン」は、ツツジ科のハーブに含まれている天然植物の抽出物です。「α-アルブチン」と比べると効果は多少劣りますが、美白成分としては認められています。


Q.アルブチンの含有濃度は?

A.
アルブチンが配合された美白化粧品を使う際には、ピーリング効果のある化粧品と併用するとさらに効果的です。アルブチンは、メラニン色素の生成を抑制するだけではなく、メラニン色素を取り除く働きもしています。 そこで、ピーリング効果のある化粧品と併用することで、皮膚の古くなった角質を取り除いて、肌のターンオーバーを促進させることで美白効果を高めてくれます。

商品一覧

美白の基礎知識

美白特集

肌タイプ別

シミのタイプ別

美白成分で選ぶ