敏感肌に効果的な美白化粧品とは

  • Home
  • 敏感肌に効果的な美白化粧品とは

敏感肌に美白は無理?うそorホント?


敏感肌だからって美白をあきらめないで。なぜ敏感肌になってしまうのでしょう?

敏感肌に美白は無理?うそorホント?

敏感肌は肌本来の持っているバリア機能が低下して、さまざまな刺激物が侵入しやすくなってしまって、肌が不安定な状態の事。 ナゼ肌が不安定になってしまうのか…原因としては、先天的なものと後天的なものがあるようです。

●生まれつき
遺伝や生まれつきの体質がありますが、これは基本的な改善が難しいです。 自分はこうなんだとある程度割り切って付き合っていくしかありません。

●食生活の乱れや睡眠不足、環境による体質の変化
忙しいからと食事を抜いたり睡眠不足で免疫力がちたり、ストレスによる体調不良。 冬や夏のエアコンなどによる乾燥などの環境の変化や、生理前などのホルモンバランスの乱れ で一時的に肌が敏感になる場合があります。 これが長期間続くと、肌が恐ろしいことに…。美容には健康的な生活が一番!

●不適切なスキンケアによる肌質の変化
クレンジングや洗顔でゴシゴシ力を入れて洗ったり、マッサージなどの過剰なお手入れをしていませんか? ほかには刺激の強い化粧品や肌に合わない化粧品の長期使用によって、肌を守る機能が低下して刺激を受けやすい状態になってしまうなどが挙げられます。 でもこれは、自分でお手入れの習慣を見直せば、対処できそう。

敏感肌に美白化粧品が効きにくい理由はコレ!

美白のためによかれと思ってやっているケアが、じつはNGだった!って知ったらどうする? 敏感肌には美白化粧品が効かないワケがあります。

●メラニンの過剰生成
敏感肌とは乾燥や肌荒れによる炎症によって、肌でメラニンが過剰に作られている状態です。常にメラニンが作られているせいで、化粧品による保湿やホワイトニングケアが追いつかなくて、美白効果が感じられないわけ。美白化粧品で白くしようとしていても、次から黒ずむシミのもとが生まれていたら、意味がありません。まずは、敏感肌に特化した化粧品を使って、炎症を抑えて肌を正常な状態に戻すことが大切!

●SPF値の高い日焼け止めはNG
シミやくすみの元となる紫外線は、女性の敵。まずはそれを防がなくてはいけません。でも、紫外線吸収剤を配合した日焼け止めは、SPFが高くなるほど肌に負担がかかって、結果、肌が乾燥してしまう事に…。肌が乾燥したり、荒れてしまうと炎症が起きてしまい、シミやくすみの元になるメラニンを生成します。敏感肌を刺激しないUVケアも重要です。

商品一覧

美白の基礎知識

美白特集

肌タイプ別

シミのタイプ別

美白成分で選ぶ