美白成分の種類について

  • Home
  • 美白成分の種類について

知っておきたい美白成分の8つの注意点


美白成分はメラニン色素が作られる際に、肌内部でおこる反応を抑制する働きをします。 なので、美白成分はメラニンの生成と関係のある物を白くするのであり、肌全てを白くするのではありません。

美白成分がどのステップで効くかており、「どの美白成分を配合するか」「美白成分をうまく浸透させるか」によって美白化粧品は商品の差別化を図っています。

美白成分の種類

厚生労働省が医薬部外品として認めている美白成分には次のものがあります。

【ビタミンC誘導体】
レモンやキウイなどに豊富に含まれている抗酸化作用の強い成分であるビタミンCを加工した化合物。 美白やアンチエイジングの働きをもつビタミンCの安定性を高めて肌が吸収しやすいように加工したもの。

【アルブチン】
ツツジ科の植物であるコケモモやウワウルシの葉などに含まれている成分。 皮膚のシミのもととなるメラニン色素の合成を阻害する働きがある。

【ルシノール】
ポーラ化粧品が開発した成分で、モミの木に含まれる成分をヒントにした美白成分。 皮膚のシミ要因となるチロシンとチロシナーゼの合成をブロックしてシミの発生を防ぎます。

【プラセンタエキス】
プラセンタエキスは哺乳類の胎盤に含まれる物質。 プラセンタエキスには皮膚の細胞分裂を促進させる成長因子や、アンチエイジングやターンオーバーを促す働きがあり美白効果がある。

【マグノリグナン】
モクレン科植物ホオノキの樹皮などに多く含まれている天然化合物(ポリフェノール)の美白効果に着目して開発された成分。 メラニン色素を合成するチロシナーゼを阻害する働きがあり、メラニンの合成を阻止してシミ・そばかす・くすみを予防する働きがある。

【4MSK(4-メトキサリチル酸カリウム塩)】
資生堂が開発↓第三の美白成分。 日本人の肌のために開発された角質剥離効果の高いサリチル酸の導入隊。 肌理を正常化してメラニンの生成を抑制する働きがある。

【リノール酸】
チロシナーゼを減らす作用が発見された不飽和脂肪酸の一種。 体内で合成ができないので食品から摂取する必要がある。コレステロール値や血圧を下げるとして注目されている。

【エラグ酸】
ザクロ、イチゴ、ラズベリー等に含まれる天然のポリフェノールの一種。 強い抗酸化作用を持ち、がんを抑制する効果や糖尿病を予防する効果、アンチエイジング、炎症を抑える効果がある。

【コウジ酸】
三省製薬が開発したコウジ酸。 麹菌の発酵過程で生みだされる発酵代謝物質(コウジ酸)がメラニンを作る酵素の働きに注目して開発された。 日本国内だけではなく海外でも有名な美白成分。


★チロシナーゼの働きを抑制する成分★
・アルブチン ・エラグ酸 ・コウジ酸 ・ビタミンC誘導体 ・トラネキサム酸 ・ルシノール ・プラセンタエキス ・油溶性甘草エキス(漢方薬) ・ハイドロキノン


★メラニン色素を表皮細胞へ受け渡さないように抑制する成分★
・D-メラノTM
★ターンオーバー促進する成分★
・エナジーシグナルAMP ・レチノール
★黒色メラニンを淡色化する美白成分★
・トラネキサム酸 ・ハイドロキノン

美白成分の分類

美白成分の用途
ビフォー向けのものでは、 シベリアのモミの木に含まれる成分であるルシノール。 麹のコンジ菌がつくり出す成分のコウジ酸。 コケモモから抽出される天然成分と合成のものがあるアルブチン。 サフラワーなどの植物油から抽出される成分のリノール酸。 ラズベリー、イチゴ、ザクロ、クコの実から抽出される成分のエラグ酸。

資生堂が開発した成分である、t-AMCHA。 子や球根、木の芽、母乳に含まれるAMP成分を元に開発されたエナジーシグナルAMP。 水溶性のビタミンB3のニコチン酸アミド。 肝斑対策の内服薬に含まれる、美白成分トラネキサム酸から合成されたTXC(トラネキサム酸セチル塩酸塩)。 モクレン科のホオノキに含まれるポリフェノール成分を元にカネボウが開発したマグノリグナンなどがあります。

アフター向けのものでは、 ほとんどの美白化粧品に含まれる刺激が少ない安全性の高い美白成分であるビタミンC誘導体。 肝斑対策の内服薬にも使用される、トラネキサム酸。 ハーブのカモミールから抽出される成分で、花王が開発したカモミラET。 チョコラBBに含まれるニコチン酸アミドの美白効果に着目して開発され、マックスファクターが特許を取得しているD-メラノ。 これらの成分が含まれた化粧品を効果的に使用して、安全に美しい肌を手に入れたいものです。

ロドデノールとは

カネボウの開発したロドデノールという成分の含まれた化粧品を使用した方に、肌がまだらに白くなる白斑の症状が多く報告されています。 報道によりロドデノールという成分名はすっかり覚えましたが、どのようなものなのかはあまり知られていないですよね。

ロドデノールは、別名4-(4-ヒドロキシフェニル)-2フェタノールといい、化学式C10H14O2で、構造式を見るとベンゼン環があるので芳香族化合物です。 またブタノールなので、アルコール類になります。

ロドデノールの作用

そのロドデノールがどのようにシミを消すのかということについて以下に説明します。 シミを消すシミの原因であるメラニンは、メラノサイト内でチロシンと チロシナーゼが結合し、ドーパ、ドーパキノンと段階を経て生成されますが、ドーパキノンの段階で経路が2つに分かれ、ユウメラニンとフェオメラニンの2種類のメラニンが生成されることか?わかっています。

一般に、ヒトの皮膚の色調には黒色をしたユウメ ラニンの関与か?高いと言われており、シミ(色素沈着部位)の色もユウメラニンによるも のと考えられています。 ユウメラニン生成に重要な役割を果たすチロシナーゼ関連酵素に着目し、その活性や発現量を抑えるのにロドデノールが有効であると発見したということです。

研究の段階では上手くいったのでしょう。1人や2人なら問題が無かったのかもしれません。それでも酵素の活性を阻害させるということから、強い作用であることが分かります。 使用する際は、肌の状態をチェックしながらいつでも使用を止める覚悟が必要な成分です。 カネボウの化粧品では、白斑がかなり広がってしまった方が多くいたということですが、美白成分として使用した結果まだらに白くなってしまうというのは、白くなり始めは効果が出たと勘違いをしてしまうのかもしれません。

そもそも化粧品は処方薬とは違い、自分で選んで自分で使うものです。ニキビ用の化粧品なら合わないと判断するのが早く、合わなければ使用を止めて他の化粧品を探すところでしょう。 今回の問題では、美白用化粧品だからこそ被害が酷くなり、広がってしまったのではないでしょうか。

アルブチンの種類

美白成分としてここ数年で一般的となったアルブチンは、コケモモ、梨、ウワウルシなどの植物にも含まれている成分で、ハイドロキノンの誘導体です。

アルブチンには資生堂が開発したβ-アルブチン、江崎グリコがスイスのペンタファーム社と共同で開発したα-アルブチンの二種類があり、美白成分としての効果はα-アルブチンの方が10倍以上あると言われています。

美白コスメとしての作用と用途

メラニン色素がシミの原因になるというのは有名な話ですが、そのメラニン色素はチロシナーゼが細胞の中にあるチロシン(アミノ酸)を元に作られます。 α-アルブチン・β-アルブチンは、チロシナーゼに結合することでチロシナーゼがメラニンを生成するのを防ぎます。 チロシナーゼに悪い作用をしてメラニンの生成を防ぐのではなく、アルブチンが真っ先に結合することでメラニンが出来ないような状態を作り出す効果があるんですね。

作用としては比較的マイルドな感じがして安心できます。 お肌にも優しそうですね。 またβ-アルブチンが開発されたのは20年前ということなので、もうすでに特許は切れいるため、どのメーカーも安く手に入れることが出来ます。そのためアルブチン入りの化粧品は数が多く、100円ショップで美容液が売られているのも納得できます。

化粧水から美容液まで色々な種類があり、使用方法も選べます。天気が良くて日焼けをした日は美容液を、真夏は毎日日焼けをするので化粧水にしたりと、自分に合った使い方が出来るのも魅力だと思います。

お肌のトラブルを未然に防ぐトラネキサム酸の効果

年齢とともに出てくる「肝斑」などのお肌のトラブルを予防するトラネキサム酸ですが、美白コスメに含まれる成分としても有名で、主に「色素沈着抑制効果」があるとされています。

お肌に肝斑やシミができる原因は、「メラニン」という色素が増えることなのですが、実はメラニン色素は紫外線などの有害な電磁波からお肌を守る役割をしています。

皮膚の表面にある細胞がメラニン色素を含むことで、紫外線から皮膚内部の細胞を傷付かないように守ってくれているのですが、メラニン色素は細胞を傷付ける活性酸素を元に生成されているため、あまり増えすぎるとお肌に良くないと言われているんですね。

では、なぜトラネキサム酸がメラニン色素の増殖を防ぐのでしょうか? 実はメラニン色素はメラノサイトと呼ばれる細胞によって作られています。

メラノサイトの働きを抑制するトラネキサム酸

メラノサイトは、紫外線からの刺激を受けてメラニン色素を発生させる細胞なのですが、トラネキサム酸はこのメラノサイトに作用して、メラニンを発生するための情報をブロックするため、メラノサイトからのメラニンの発生量を抑える働きをします。

美白コスメにトラネキサム酸が含まれているのは、このような仕組みによって色素沈着を抑制する効果があるからなんですね。

お肌の色が変化してしまうのを防ぐためには、増えてしまった色素を減らすことよりも、色素が増える前に事前に色素の増殖を抑えることが大切です。 普段から、お肌を変色させてしまう「メラニン」を増やさないためのお肌ケアを心がけましょう。

商品一覧

美白の基礎知識

美白特集

肌タイプ別

シミのタイプ別

美白成分で選ぶ