日焼け止めの効果

  • Home
  • 日焼け止めの効果

この夏、肌を焼きたくない人必見!


夏美白は当たり前!とりあえず、日焼け止めで紫外線をブロックしたいけど、日焼け止めは肌がべたつくので苦手。

最近の日焼け止めは、塗っているのを忘れるくらいに肌になじんだり、高級クリーム並みに肌を保湿したりと使い心地もいいみたいです。

だけど、たくさんの種類がある日焼け止め…いったいどれを選んだらいいのでしょうか? 当サイトでは、日焼け止めの選び方や塗り方、日焼け止めの効果などを分かりやすく紹介しているので参考にしてみてください。

日焼け止めを購入するときに重視する点は何?

あなたは、日焼け止めを購入する際に何を一番重視しますか? あるアンケートによると…

日焼け止めを購入の際に約半数の人が、SPF値やPA値といった「機能面」や、低刺激や肌にべたつかないもの、ウォータープルーフといった「使用感」に注目して選んでいるようです。

<日焼け止めのココがポイント!>
SPF値とは、紫外線B派(肌の表面が赤くなってヒリヒリする=サンバーン)を防ぐ力。サンバーンを起こすまでにかかる時間を何倍に伸ばすことができるかの目安時間のことです。 例えば、SPF30ならサンバーンが起きるまでの時間が約20分と言われているので、 SPF30×20分=600分 つまり、600分=10時間まではサンバーンが起こるまでの時間が伸ばせるということです。 PA値とは、紫外線A派(シミやシワの発生に関わる)を防ぐ力。「+」の3段階表示で表記されている。
・+…やや効果がある
・++…効果がある
・+++…非常に効果がある

日焼け止めのは使用量を守って塗ることが大事!

意外と知られていませんが…日焼け止めは、使用量を守って塗らないと効果が得られません。顔全体に塗るときの適量は、500円玉くらいが目安です。

えっそんなに沢山塗るの?って思いますが、日焼け止めは薄く伸ばして塗っても効果はなく、逆に分厚く塗ると毛穴をふさいで肌に負担をかけるので、必ず適量を守って塗りましょう。

毎日塗っていても、使用量が間違っていたら、40歳を過ぎたころには顔がシミだらけに…なんてことに??日焼け止めは、ケチらないで適量を守って塗りましょう。

種類が多すぎ!どのタイプの日焼け止めを選んだらいいの?

日焼け止めには、大きく分けると5つのタイプがあります。

特徴 向いている人
クリームタイプ ・保湿力が強い
・崩れにくいので化粧下地にも使える
・しっとりしている
・水や汗に強い
・吸収剤を含まないノンケミカル
・敏感肌や乾燥肌の人
・海やレジャーに使いたい人
・全身に使いたい人
乳液(ミルク)タイプ ・伸びが良く、肌に馴染みやすい
・ノンケミカルのものが多く肌に優しい
・吸収剤を含まないノンケミカル
・顔に使用したい人
・乾燥肌、敏感肌の人
ジェルタイプ ・肌がべたつかずサラッとしている
・透明で伸びがいい
・水のように軽い付け心地
・透明なので白浮きしない
・紫外線吸収剤を主成分としている
・べたつきが気になる人
・全身に使いたい人
・付け心地を重視している人
スプレータイプ ・塗りにくい背中でも塗れる
・手が汚れずに簡単に塗れる
・べたつかない
・紫外線吸収剤を主成分としている
・全身に使いたい人
・子ども
パウダータイプ ・サラッとした使い心地
・毛穴を目立たなくしてくれる
・化粧直しとしても優秀
・肌にやさしい
・紫外線錯乱剤を含む
・べたつきが苦手な人
・塗るタイプが苦手な人
・顔に使用したい人
・敏感肌

普段使いの日焼け止めなら、紫外線吸収剤不使用(=ノンケミカル)と表示された日焼け止めを選びましょう。肌への刺激が少ないクリームタイプか乳液タイプがおススメです。

ウォータープルーフは、汗や水に強く海や山などのレジャーには向いていますが、落ちにくく肌への負担が強いので、日常使いでは必要ありません。

<日焼け止めのココがポイント!> 紫外線吸収剤不使用(=ノンケミカル)には、「紫外線吸収剤」と「紫外線錯乱剤」の2種類があります。 紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する化学物質のことで、肌の上で化学反応を起こすので刺激が強く肌荒れを起こす場合があります。 紫外線錯乱剤は、紫外線を肌の上で反射させる物質で、肌がかぶれる心配はないのですが、乾燥の心配があります。

日焼け止め+パウダーファンデーション=最強のUVケア

肌への刺激が少ないクリームタイプか乳液タイプの日焼け止めを選んで肌に塗ったら、仕上げはパウダーファンデーションを少し厚塗りかな?って思うくらいに塗りましょう。

ファンデーションであれば、特に日焼け止め効果がなくても大丈夫です。ファンデーションの粉は紫外線錯乱剤と似た効果があるので、日焼け止め+ファンデーションのダブル使いで紫外線を完全にブロック!

肌にやさしい日焼け止めはこの2つ!

この2商品は、ともにノンケミカルなので、肌の弱い敏感肌の人でも安心して使用することができます。でも購入の際には、肌質は人それぞれ違うので、必ずトライアルセットなどで一度肌で試してから使用しましょう。

サエル ホワイト デイミルク クリアリスト
パーフェクトUVクリアソリューション
紫外線吸収剤フリーだから敏感肌でも安心して使える、1品4役の日中用UV美容ミルク しっかり潤うのに、サラッとした付け心地の化粧下地もできるUVクリア美容液
4,104円(税込) 4,212円(税込)
<内容量>
25g

SPF28/PA+++
<内容量>
30g

SPF50+/PA++++

商品一覧

美白の基礎知識

美白特集

肌タイプ別

シミのタイプ別

美白成分で選ぶ