紫外線ケアでシミを予防する

  • Home
  • 紫外線ケアでシミを予防する

5大トラブル肌の美白方法


お肌のシミやくすみは「美白の敵」ですが、お肌を美しく保つためには、美白コスメなどを使用して紫外線ケアを行ったり、お肌に負担を掛けないよう「規則的な生活」をすることも大切です。 紫外線からお肌を守り、十分な睡眠とストレスの無い生活がお肌を老化から防ぎ、「美白」を保つことができるんですね。

紫外線ケアと規則的な生活でしっかりシミ予防

お肌にシミができる原因は、紫外線によるメラニンの増加と生活バランスの乱れによる体の新陳代謝の低下が原因と言われています。 また、紫外線(UVA・UVB)が、表皮の下層にある真皮に届くと、真皮にあるコラーゲン繊維やお肌のハリや弾力を保つエラスチンが傷付き、お肌が老化してしまいます。

紫外線ケアと規則的な生活でしっかりシミ予防

お肌にシミができる原因は、紫外線によるメラニンの増加と生活バランスの乱れによる体の新陳代謝の低下が原因と言われています。 また、紫外線(UVA・UVB)が、表皮の下層にある真皮に届くと、真皮にあるコラーゲン繊維やお肌のハリや弾力を保つエラスチンが傷付き、お肌が老化してしまいます。

コーヒーで摂取できるシミの予防成分

シミを予防するための方法には、紫外線などの外的な原因を取り除く方法とシミ予防に有効な成分を摂 取することによる内的な方法があります。 美白コスメなど専用のアイテムで紫外線ケアをする方法もありますが、ポリフェノールなどの シミ予防に有効な成分を摂取することも大切です。

ポリフェノールが含まれているものには、プルーン・桃・さくらんぼ・柿など果物に多いのですが、実 はコーヒーにも多くのポリフェノールが含まれています。 お仕事のブレイクタイムにコーヒーを飲むことも多く、コンビニでオリジナルのカフェを提供している ところも増えてきていて、気軽に多くのポリフェノールを摂取できるのがコーヒーなんですね。

でも、ポリフェノールは長い時間体内に溜めておくことができないため、こまめにポリフェノールを摂取する必要があります。 1日2杯ほどコーヒーを飲むと、シミの抑制効果があるそうなので、コーヒーをこまめに飲むこともシ ミを予防するためには効果的です。

お肌のくすみの原因

顔などのお肌がくすんで顔色が良くなかったり、カサカサ肌になってしまうことがありますが、肌のくすみの原因というのは日常生活の中にたくさんあります。 美白コスメなどで、お肌のくすみが出ないようにケアしている女性も多く、20代後半になると顔全体が暗くなったように感じ、お肌のくすみを感じることも多いようです。

くすみの原因は、紫外線(UVB)の影響であったり、お化粧をしっかり落とさないために、化粧に付着した汚れがお肌に定着してしまったり、汚れた皮脂がお肌に残ってしまうことでも、お肌のくすみが現れてしまいます。

また、加齢により肌の細胞の新陳代謝が遅れることで肌の細胞が古くなり、なかなか新しい肌細胞へと入れ替わらないために、お肌がくすむということもあるんですね。

お肌のくすみを防ぐには?

外出した時など、紫外線に当たった際にお肌へのダメージを防ぐための紫外線対策には、UV対策コスメなどの美白コスメを使用し、できるだけ長時間紫外線に当たらないようにすることが大切です。

また就寝前などにお化粧を落とす際には、クレンジング剤などでしっかりと化粧汚れを落とし、化粧汚れが肌に残らないようにすることが大切なんですね。

洗顔に関しては、朝と晩の2回洗顔を行って夜の洗顔で取り除けなかった汚れを朝にしっかりと落とし、化粧汚れを全て取り除くようにしましょう。 お肌の細胞の新陳代謝の低下を防ぐためには、リンパの流れを良くして、皮膚の細胞へ多くの栄養素が行き渡るようにし、肌に溜まった老廃物を速やかに取り除いて、お肌の新陳代謝を促進させることが大切です。

運動をして血流を多くしたり、リンパマッサージなどでリンパの流れを良くすることで、血流を改善するような生活に改善していくようにしましょう。

紫外線防止効果の基準とは?

外出をする際に、日焼けをしないように日傘を差したり、肌の露出が少ない服を着るなど直接紫外線を浴びないようにすることも大切ですが、事前にUV対策用の美白コスメなどで日が当たる部分の日焼け対策をしておくことも大切です。 冬の時期と真夏の紫外線量を比べてみると、なんと真夏の紫外線量はおよそ3倍以上にもなります。

夏の時期は日焼け止めクリームなど、日の当たる部分には「紫外線防止剤」が含まれたコスメを使用すると効果的です。 日焼け止めクリームには、物理的に紫外線を反射させたり紫外線を吸収する物質が含まれているので、お肌に紫外線が届く前に紫外線をカットすることができます。

お肌に有害な紫外線にはUVAとUVBがあり、UVAの防止効果を数値化したものが「PA」です。 PAは、「PA+からPA+++」までの3段階あり、「PA+++」がUVAの紫外線防止効果が一番高くなります。

一方、UVBには「SPF」という指標があり、UV対策コスメなどの紫外線の防止効果を数値で表しています。 SPFが高いほど紫外線を防ぐ効果が高いのですが、日常生活では10〜15SPFぐらいの日焼け止め用コスメを使用すると良いでしょう。

日焼け後のお肌ケア

日焼けは日光に長時間当たることで、紫外線によりお肌が赤く炎症を起こし、手や衣服が触れて摩擦が起こると肌がピリピリと痛くなったりしてしまいます。 もし、日焼けをしてしまったら日焼け後に適切な「お肌ケア」をすることがとても大切です。

日焼けをしてしまった部分を冷水で濡らしたタオルでよく冷やし炎症がおさまるまで、できるだけお肌に刺激を与えないようにして、日焼けで失ってしまった細胞の水分を補給するためにも、普段より多めに水分を摂取するようにしましょう。

日焼けをしている状態でお肌を傷つけると、後に皮がポロポロと剥けてしまいますので、外からも刺激を与えないように注意してくださいね。 お肌が熱っぽさを失って炎症がおさまってきたら、お肌を保湿するために保湿成分のあるコスメを日焼けした部分にまんべんなく塗布します。

そして、日焼け後のお肌が落ち着いたら、ビタミンC配合の美白コスメなどを利用して日焼けをした後の「美白ケア」をすることも忘れないようにしましょう。

そばかすができる原因

そばかすは、お肌のシミやくすみと違って、子供の頃に見られることも多く、肌の細胞が若い頃にもそばかすが現れるため、遺伝的な要素が強いとされています。 特に頬や目の周囲などに現れやすく、見た目にもまだらに斑点があるように見えることから、医学的には「雀卵斑」と呼ばれています。

メラニン色素という色素細胞が沈着して斑点状に見えるのが特徴なのですが、早ければ3〜4歳ころには頬のあたりにそばかすが見られることもあります。 成長するにつれてそばかすがほとんど消えてしまうというケースもありますが、大人になるにつれてそばかすが多くなり、斑点が濃くなっていくこともありますので、美白コスメなどでメラニン色素の増加を防ぐことも有効です。

そばかすの治療方法として、レーザーを用いてメラニン色素を破壊し、そばかすを取り除くという方法もありますので、あまりにそばかすがひどくなってきた場合には専門医の治療を受けるようにすることをオススメします。

そばかすと食事の関係

そばかすがどんどん濃くなっていったり、その範囲が広がっていったりする原因には、「食生活の乱れ」が影響していることもあります。

栄養バランスの偏った食事を摂り続けることで、緑色植物などに多く含まれる「ファイトケミカル」などの抗酸化作用のある栄養素が不足して、メラニン色素が増加してしまうことがそばかすが増える原因になっていることもあります。

特にビタミンCなどの成分が不足するとお肌に影響が出るとされていますので、キャベツやピーマンなどの野菜やオレンジ・グレープフルーツ・パイナップルなどの果物を摂るようにして、ビタミンCをこまめに補給するようにしましょう。

そばかすの原因はメラニン色素の増加によるものなので、遺伝だけで無く、外出した際に受ける紫外線の量や食生活・睡眠時間などあらゆることが影響していますので、少しずつ生活を改善し、美白コスメなどでメラニン色素を増やさない取り組みを続けていくことが大切です。

ニキビが増えやすい場所とニキビの原因

10代前半から20代前半に多いお肌のトラブルと言えば、「ニキビ」ですが、ニキビのできやすい部分は「顔の周り」に集中していて、おでこ・鼻とその周辺・頬・顎周りなど、その範囲は顔全体におよんでいます。 時には背中などにニキビができることもあり、若いころだけではなく、大人になってもニキビができることもあります。

ニキビができるのは、皮膚細胞の代謝が乱れるなどの原因で毛穴の出口がふさがってしまい、そこに皮脂が溜まって膨張することでニキビになります。 アクネ菌と呼ばれる肌細菌がニキビの炎症を引き起こして、ニキビを腫れ上がらせてしまうんですね。

女性では、ホルモンのバランスが崩れたり生活が不規則で肌の状態が悪化すると、ニキビが増えやすくなることもありますので、ストレスを増やさないで規則的な生活をすることがニキビ予防には大切です。

ニキビの治療法と予防について

もし顔にニキビができてしまった場合は、手に付いた細菌がニキビに付いてしまうため、手でニキビを触らないようにしましょう。

ニキビ治療薬をニキビに塗りしばらく様子を見て、症状がひどく市販薬で治らない場合やニキビ部分が化膿した場合には皮膚科などの専門医に見てもらうようにしましょう。

ニキビの予防法としては、皮脂の分泌が多いTゾーン部分を中心にこまめに洗顔を行い、皮脂や細菌などが肌や毛穴に長時間溜まらないようにすることも大切です。 美白コスメなどで肌をケアすることもあると思いますが、ニキビを予防するための薬用美白クリームなどもありますので、美白とニキビを両立できる美白コスメを使ってみると良いでしょう。

商品一覧

美白の基礎知識

美白特集

肌タイプ別

シミのタイプ別

美白成分で選ぶ