夏のシミ対策に欠かせない保湿

  • Home
  • 夏のシミ対策に欠かせない保湿

夏の乾燥肌にご用心!保湿が不足すると老け顔になる!?


残暑が厳しくなってきたこの季節…あなたの肌は大丈夫?身体がだるい、食欲がない、何だかやる気が出ない、疲れやすい…と言ったこれらの症状は、俗に”夏バテ”と言われていますが…実は肌も同じように夏バテを起こします。 あるアンケートでは夏になると、87%の人が鏡を見たときに「老けた」ように感じると回答しています。原因は肌の保湿不足です??

あなたの肌は大丈夫?まずは夏バテ肌チェック!

? 最近くすみが気になる
? シミが濃くなってきた
? 洗顔後すぐに肌が突っ張る
? 表情ジワが目立ってきた
? ほうれい線ができてきた
? 顔が疲れていると言われる
? 吹き出物ができる
? 肌があれている
? 毛穴が目立つ

いくつチェックが付きましたか?一つでもチェックが付いたらあなたの肌は”夏バテ肌”です。

どうして夏バテ肌になるの?

夏場は、大量の汗をかいたり水分補給をしっかりしているので、肌の水分は足りているように感じられますが…実は肌の内部は乾燥しています。

紫外線やエアコンの風によって肌が乾燥してターンオーバーが乱れたり、大量の汗をかくことで肌表面の水分も一緒に蒸発して肌が乾燥します。

夏は肌にとっては過酷な季節。ほおっておくと、シミやシワ、乾燥、たるみ肌になり肌の老化が進みます。これ以上肌トラブルを深刻化させないためにも、肌の保湿ケアを徹底しましょう。

保湿ケアで夏バテ肌を防ぐ!

夏バテ肌の原因は、”うるおい不足”です。 うるおっている肌は、紫外線や乾燥などの外部刺激から肌を守り、肌の新陳代謝が正常です。栄養が隅々まで足りていて、老廃物をスムーズに排出することができるので、夏バテ知らずの肌です。

しかしうるおい不足の肌は、ターンオーバーが正常ではないので、老廃物が溜まりっぱなしです。さらに、紫外線などの刺激を受け放題で、栄養も水分も足りてない乾燥状態の肌です。

つまり、肌を保湿してあげれば夏バテ肌にはなりません。

保湿ケアに欠かせない保湿成分とは?


赤ちゃんの肌は、みずみずしくてプルプルしていますが、どうしてだか分かりますか?答えは、赤ちゃんの肌は大人に比べてセラミドの量が豊富だからです。

セラミドの働きは、水分をサンドイッチ状に挟み込んでしっかりとキープさせることです。さらに細胞と細胞をしっかりと接着させることで水分を逃がしません。

保湿のスペシャリスト「セラミド」を補ってあげれば、湿度が下がっても肌の水分をキープすることができます。

セラミドとは、肌の一番外側にある各層の細胞と細胞の隙間をぴったりと埋める「角質細胞間脂質」の一種です。セラミドを肌から奪うと、肌の水分量は約80%も低下します。

セラミドにも種類があるけどどれがいいの?

セラミドといってもいくつか種類があります。「ヒト型セラミド」「合成セラミド」「天然セラミド」「植物セラミド」の4種類があります。 その中でも、人の体内に存在しているセラミドに一番近いセラミドが、酵母を元に生成された「ヒト型セラミド」です。 他のセラミドに比べて、人がもともと持っているセラミドに似た構造を持つ「ヒト型セラミド」は比較的刺激が少なく保湿力が高いと言われています。

「ヒト型セラミド」と「セラミド1、2、3」の違いとは?

よく化粧品の成分表を見ていると、「ヒト型セラミド」「セラミド1」「セラミド2」「セラミド3」を目にしますが…どう違うのでしょうか? 「ヒト型セラミド」の中でも1〜6までの種類があって、中でもおすすめのセラミドがセラミド1、2、3です。

【セラミド1】
・外部からの刺激に対するバリア機能をもつ
・水分保湿機能

【セラミド2】
・高い水分保湿機能をもつ

【セラミド3】
・水分保湿機能 ・乾燥やシワの予防になる

人の肌に最も多く含まれているのがセラミド2です。セラミドの中でも最も高い保湿機能があるといわれています。

セラミドは化粧品で補える

保湿といえば「化粧水」と思う人もいるかもしれませんが、化粧水だけでは十分な保湿はできません。大部分が水なので、シートマスクを使って肌に浸透させようとしても肌の奥まで浸透しません。(※セラミドは水に溶けないので化粧水にはほとんど入っていません)

セラミドは、コレステロールのようなものから作られるので、食事やドリンクで摂れそうですが…消化や吸収する過程で排出されてしますのでセラミドを増やすことができません。

そこで簡単にセラミドを補える化粧品として注目されているのが、セラミド配合の美容液です。セラミド配合の美容液を使えば、確実に肌を保湿することができます。

しっかり保湿ができる!美容液ランキング

セラミド入りの化粧品を選ぶ際は、必ず全成分表示を確認してから購入しましょう。セラミドが配合された美容液はこちらの商品です。

ディセンシアサエル
ホワイトニング エッセンス
クリアリスト


富士フイルム
ジェリー アクアリスタ
<ジェリー状“先行”美容液>

3種の保湿成分をバランスよく配合しているのでたっぷり保湿可能な美容液 2種類のセラミドをたっぷり配合した、ジェリー状“先行”美容液
内容量/30mL
価格/7,020円(税込)
内容量/40mL
価格/9,720円(税込)
【保湿成分】
ヒト型ナノセラミド
【保湿成分】
Wヒト型ナノセラミド

セラミド配合?プチプラの保湿化粧品には要注意!

セラミドは、化粧品の原料としては比較的高価な成分なので、購入する際には必ず化粧品に記載されている全成分表示を確認しましょう。たとえセラミドが配合されていても、プチプラ化粧品には微量しか含まれていに場合もあるので注意しましょう。

商品一覧

美白の基礎知識

美白特集

肌タイプ別

シミのタイプ別

美白成分で選ぶ