美白に効果的な食べ物

  • Home
  • 美白に効果的な食べ物

美白効果のある食べ物って何?


紫外線の季節到来。身体の表面は、日焼け止めや日傘、サングラス、帽子、衣類で紫外線を防ぐことはできるけど…身体の中の美白ケアはしていますか? シミ予防には「ビタミンC」がいいと言われています。ビタミンCは、紫外線によってできるシミやしわ、くすみなどを予防して改善する効果がありますが…ビタミンC以上にシミやしわに効果的な食べ物があるのを知っていますか? ここでは、シミをなかったことにしてくれる魔法の食べ物を紹介したいと思います。

内科医が教える!シミをなかったことにしてくれる魔法の食べ物とは?

今回、シミをなかったことにしてくれる食べ物を紹介してくれたのは、ナニワの美人女医・里見英子先生(美容内科・アンチエイジングの専門家)です。

里見英子先生は還暦を迎えた60歳なのに、顔にシミやシワがない!ヒミツは、毎日実際に行っている食事法にあります。医学的知識の裏付けがあるその食事法のおかげで、今でもお肌ツルツルが維持できているようです。

里見英子先生が実際に行っている食事法とは… シミやシワをなかったことにしてくれる魔法の食べ物「ミニトマト」を毎日食べることです。

シミやシワをなかったことにしてくれるミニトマトのパワーとは?

ミニトマトのパワーの秘密は、トマトの赤い色素成分リコピンです。リコピンには強い抗酸化作用があり、その作用はビタミンEの約100倍以上、β-カロテンの2倍の抗酸化作用があります。 完熟トマトほどリコピンの量が多いので、購入の際には真っ赤に熟したトマトがおススメです。

<ココがポイント!>
ミニトマトに含まれるリコピンは、日焼けによる赤みを軽減したり、皮膚の乾燥を防いでシワを予防したり、肌の老化を防いだり、シミの原因であるメラニンを減らす働きがあります。 さらに、シミを予防するビタミンCも豊富なので、今すでにあるメラニン色素を還元してシミを薄くする作用もあります。ビタミンCは、体内で蓄積ができないので1日数回に分けて食べることがポイントです。

美白に効果的なのは普通のトマト?ミニトマト?

大きさから考えたら…ミニトマトよりもトマトの方が大きいから、リコピンもたくさん含まれているのでは? リコピンは、トマトの皮の部分に多く含まれているので、普通のトマトよりも表面積の大きいミニトマトに多く含まれています。

普通のトマト ミニトマト
リコピン 10mg 22mg
ビタミンC 15mg 32mg
マグネシウム 9mg 13mg
βカロテン 540μg 960μg
ビタミンB2 0.02mg 0.05mg

(※100gあたりの栄養素) ほとんど全ての栄養素が、普通のトマトよりも圧倒的にミニトマトの方が栄養素が高いなんて驚きです!

美白に欠かせないミニトマトは1日何個食べたらいいの?


里見英子先生曰く…1日15個が目安だそうです。1日15個〜!って思いますが、朝昼晩に5個ずつ食べたら大丈夫! うっかり日焼けをしてしまった日でも、1日30個を朝昼晩に10個ずつ分けて食べたら、シミをなかったことにできるそうです。

<ココがポイント!>
リコピンは、熱に強いので炒めたり焼いたり、煮込んでも成分は減少しません。油に溶けやすい性質があるので、油を使った調理法がおススメです。例えば、オリーブオイルを使ってトマトソースを作ると、生で食べた時の約4倍も吸収率が上がります。 加熱するだけでも吸収率が1.3倍になるので、調理してからリコピンを摂取することをおすすめします。

ミニトマト使った簡単レシピ

普通のお酢でもOKですが、風味のいいバルサミコ酢の方が食べやすいのでおすすめです。 お酢には、ダイエット効果や疲労回復効果、便秘改善効果など様々な効果があるので、是非一度作ってみてください。

<簡単レシピ>
ミニトマトのハチミツマリネ
【材料】
ミニトマト 10個 オリーブオイル 大さじ1 バルサミコ酢 大さじ1 塩・こしょう・レモン 少々 ハチミツ 大さじ1
【作り方】
1.ミニトマトを半分に切る 2.ミニトマト以外の材料を混ぜ合わせる 3.2にミニトマトを入れて混ぜる 4.食べる直前まで冷蔵庫で冷やしておく

ミニトマトを毎日15個なんて無理!というあなたに

日焼け後のシミやシワは防ぎたい!でも、毎日ミニトマトを15個なんて食べられない。ましてや30個なんて…絶対に無理!というあなたにちょっといい話。 それは、サプリメントで効率的にとる方法です。サプリメントなら、面倒な調理はいらないし、毎日トマトを15個も食べる必要がありません。美白成分を効率よく体に取り入れるなら美白サプリがおススメです。

商品一覧

美白の基礎知識

美白特集

肌タイプ別

シミのタイプ別

美白成分で選ぶ